やってはいけない!女性に誤解されるこの顔つきと服装

女性に誤解されたり、嫌われたりする顔つきがあります。

男女の関係で第一印象は大切です。

汚いより綺麗がいいですし、不潔よりも清潔がいいです。

女性に嫌われるオタク男の表情を考えて見ましょう。

無精ヒゲを伸ばしているような、清潔感のない顔

どんなに顔のいい男でも清潔感のない男は、嫌われます。

逆に、消潔感があれば多少の顔の造作はカバーできます。

また、無精ヒゲは、確実に似合わない人もいます。

もし無精ヒゲを生やしたいと思っているなら、まず試験的に生やしてみて、周りの「評判」を確かめてから本格的に導入したほうがよさそうです。

いやらしくギラギラした目つき

特にお酒を飲んだときに悪化するオタク男性は、多いようです。

この目つきだと、何をやっても下品に見えてしまうので気を付けたいですね。

また、いくら気に入ったからといって、あまり相手をじろじろと見つめすぎないようにすることも大事です。

目に光がなく、卑屈で自信のなさを感じさせる表情

毎日が楽しくないと、こういう表情になり、笑い顔も引きつったようになる。

何でもいいから、自分の好きなこと、楽しめることを見つけましょう。

そうすれば、自然と子供のようなイキイキとした目をしたいい表情になるはずです。

自分がカッコいいと思っていることが顔に思いっきり出ている。

ナルシシストと思われ、いくら容姿が整っていても女性は冷めてしまいます。

友達に自分を突っ込ませるスキをつくることで、自分の中の三枚目のキャラクターを育てていきましょう。

いつも怒ったような顔をしている。

怒っている人には、近づきにくいですよね。

そのような顔をしていたら人は寄り付きません。

キリリとした表情はデキる男に見えますが、度が過ぎるとこわばった表!清の怖い人にしか思われません。

時にはスキを見せることも必要です。

魅力ある男の顔は、「男らしさ」と「スキのある表情」から生まれます。

バランスの取れた身だしなみ。

「不潔」、「下品」、「脂ぎっている」といった汚い印象は絶対NGです。

ヒゲをオシャレで伸ばしている人もいますが、一歩間違うと単なる「無精ヒゲ」に見えてしまう。

ヒゲを伸ばすなら、ヘアスタイルや身なりを清潔感のあるものにするなど、どこかでバランスを取ることが大切です。

イイ男に見えるキーワードのひとつは、「カッコかわいい」。

男らしい顔立ちの中に、どこかスキのある表情を持つことが魅力ある男性と映るようです。

「あっさりとした色気」も重要。

やわらかな物腰とりりしい表情のギャップが女心のツポにはまります。

普通、オタク男は、女性のポディラインなどから色気を感じますが、女性はオタク男の顔から色気を感じるものです。

それでは、モテイイ男の顔に近づくには、どうしたらいいのでしょうか。

一般的な効果的なのは、具体的に目標となる顔を思い浮かべて「イメージトレーニング」をすることです。

例えば、B‘Zの稲葉浩志やブラッド.ピッ卜を思い浮かべて、眉のラインを整えてみる。

それだけで顔の印象が違ったものになるはずです。

また、思いきって髪や眉の色を変えるのも大きなイメージチェンジになります。

金髪までいくとちょっと行き過ぎの感がありますから、仕事や職場に差し支えない程度に自分のビジュアルを変えることも大切です。

まずは見た目から「カッコかわいい」や「あっさり堅気」男を日指してみてはどうでしょうか。

男は顔じゃないとは言いますが・・・。

同じ付き合うなら、いい顔の男性と付き合ったほうがもちろんいい。

そういうオタク男が彼氏ならいつもいい顔を見ることができるし、記念写真なども絵になります。

家族や友人にも安心してお披露目できます。

しかし、本来は「顔」が主体ではありません。

顔の中で注目すべきポイントは、目です。

暗い目つきや嫉妬深そうな目つきなど、目つきが健康的ではない男性は嫌われます。

お酒が入った時は特に要注意です。

女性がオタク男達の目を深く観察できるチャンスは、お酒が入ったときです。

話し方が高尚だったり、態度が紳士的でも、目がドンヨリとしたオタク男は、心の中にネガティブなものを持っている可能性が高いと思っています。

そこに気づかずに付き合ってしまうと、暴力癖が出たり、筋が通らないことでキレるなど、傷つける可能性があると思われます。

女性は、酔ったときに目が陽気になる、やさしくなるような人を選びます。

お酒に飲まれて自分の評価を下げてはいけませんね。

スキを見せてはいけないのです。

やってはいけない幻滅されるこの服装

ダブついたズボンの中にTシャツを入れていたシャシを、ズボンの中に入れるのは基本的にNG。

どうしても中に入れたいなら、股上が浅めのパンツなど、それなりにオシャレに見える服を着ること。

トランクスが見えてしまうくらい股上の浅いパンツ

20代後半から30代の男性の中にも、今だに、極端に股上の浅いパンツを引きずっている人がいます。

短足に見えてカッコ悪いと、一般の女’性にはあまり評判がよくありません。

恋人にありのままの姿を見せるのはいいが、恋の始まりは控えめなファッションのほうが賢明です。

ホテルでの食事なのに量販店で買ったジーパンとTシャツ

時と場所を考えない服装TPOに合わせたファッションは、常識中の常識です。

いろいろな場面や機会によって、服を着替えることを楽しむ姿勢が必要です。

アイロンをかけてなさそうなヨレョレシャシ

オタク男にとって、アイロンがけは面倒な作業ですね。

それはわかります。

しかし、相手から見えている胸の部分だけでもアイロンをかけると、かなり見栄えは変わってくる。

もしくは、手間をお金で買うつもりでクリーニングも活用すべきです。

ちなみに私は、家族(子供達)のワイシャツなど全てかけていましたよ。

ジーンズのベルトをキツく締める。

服が出ているのを隠すためにやる男が多いですが、これは逆効果です。

ピチピチ感が強調されて、かえって目立ってしまいます。

女性は目をそむけたくなるようです。

底がすり減りすぎた靴

オシャレの基本は、足元からです。

「足元を見る」という言葉があります。

これは、足の元、すなわち足とぞうりを見て、その人がどれぐらい疲れているか、へばっているかを見て、宿に泊める時に高い宿泊料を提示できるかを見極めていたそうです。

足元でその人を観察していたのですね。

現代では、足や靴を見てしっかり手入れしてあれば、几帳面で細かい所まで気を使っている、と判断されるようです。

特に接客業ではそうらしいですよ。

そのようなkとおもあるので、1足の靴をクタクタになるまで履くよりも、2足、3足をローテーションで履いた方が靴が傷みにくく、見られ方も評価が高くなり、そして経済的です。

また、靴を足をたくさん持っているとオシャレなイメージにもつながります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする