服装からくる印象を軽く見てはいけない!

まずオタク男の目指す服装の基本は、清潔です。

やっぱり目指す服装は清潔が第一です。

本屋やコンビニには、男性向けの雑誌がたくさん並んでいます。

マンガ雑誌や週刊誌を愛読している人は、多いでしょう。

では、男性向けのファッション誌はどうでしょうか?

「雑誌に載っている服は高いから」、「どうせオレには似合わないから」と、手に取ることもsないオタク男は、いつまでたってもカッコイイ男にはなれません。

ですが・・・急にファッション誌のような男にはなれません。

そこで気を付けることの第一は、「清潔さ」なのです。

清潔って何?

はい、それは「洗濯してアイロンのかかった服」です。

簡単ですね。

クリーニングに出せば、「洗濯してアイロンのかかった服」ができあがります。

そこから発展させて、ファッション誌の男になればいいのです。

「仕事がさえできればいいや」はやめときましょう。

もし、「仕事さえ一生懸命取り組んでいれば、自然に女性を惹きつけられる」という甘い考えを持っているなら、今すぐに捨てましょう。

真のイイオタク男は、身だしなみに気を遣い、服の着こなしもうまいということを、オタク女性は知っています。

では、どんなファッションをすれば、魅力ある男に映るのか、考えてみましょう。

普通のサラリーマンにとってスーツは、制服であり、戦闘服です。

スーツは、色使いや形などの制約が多いですが、その中で自分らしいオシャレな着こなしをする男は3割増しでイイ男に見えます。

「男性の魅力的な服装と言ったら、やっぱりスーツ、ビシッと着こなしている人ってカッコいい!」

上着とパンツのシルエットや柄、ネクタイやシャシとの組み合わせ次第で、いくらでも決まるファッションがスーツです。

しかし、残念なことに、ビシッとしたスーツ姿の人は少ない。

「オレの着こなしは完璧!」と自信満々な人もなかなかいない。

スーツをカッコよく着こなすためには、ビジネスマン向けのファッション誌や総合誌を手に取るところから始めてほしい。

これらの雑誌には、必ずオシャレなスーツが載っているので、まずは、そのページを眺めてみる。

すると、オシャレなスーツがどんなものかわかるようになります。

雑誌には、掲載されている商品を買える店が載っている。

スーツもシャツも靴も、一揃い雑誌と同じモノを買ってしまうのも手です。

高価すぎて手が出ない場合は、似たようなスーツを買ってコーディネートを真似るだけでも、かなりのポイントアップにつながります。

具体的には、こんな着こなしだと好感度が高いようです。

「シックな色味の、細身でストライプのスーツは、オシャレだと思う」

派手すぎず地味すぎず、シンプルながらも存在感のあるスーツの代表例です。

雑誌にもこういったタイプのスーツを、多く紹介しています。

ただし、シンプルでも存在感のあるスーツというのは、それなりにいい素材を使っているので、少々値が張りますが、1着くらいは、自己投資として購入しても損はなでしょう。

また、ジャケットだけのラフな着こなしも、決まればかなりの高得点です。

すぐに真似できそうな、いい意見もあります。

「黒のジャケットに白のシャシ、濃いグレーのパンツ。電車の中で見かけた男性なのですが、すごくオシャレで目を引きました」

黒のジャケットは、礼服をイメージさせますよね。

でも、実は、誰でも似合う上に、着回しがきくんです。

皮素材でも布地でも、黒のジャケットを1枚持っているとかなり使えます。

先の意見をそのまま活用してもよいでしょうし、ズボンをジーンズに変えるのもよいと思います。

組み合わせ次第で、ビジネスでもプライベートにも応用がきくはずです。

イイオタク男には、TPOでいろいろな服を着こなすテクニックも必要です。

オフの着こなしで評価が上がる人、下がる人

スーツ同様に人気なのが、オフタイムの服装です。

「シャツ+ジャケット+ジーンズ、シンプルだけどさわやか」

これは、黒ジャケットと同じパターンです。

インナーを白いTシャツ、または白シャシにすれば、トラッド感あるカジュアルファッションができ上がります。

「プライベートのファッションが何も浮かばない!」と頭が真っ白になったときは、このコーディネートを真似すればいいでしょう。

オシャレの基本を押さえたら、こんなコーディネートにトライしてみましょう。

「初対面はスーツだったけど、2回目に会ったときはTシャツとジーパン。そのギャップにときめきました」

そうです、女性はギャップに弱いんです!!

といっても、いい意味でのギャップに限ります。

ビジネスでもオフタイムでもビシッと決めているからこそ、初めていい意味のギャップが生まれるのです。

過度に着飾る必要はないですが、「カッコいい」と思わせるセンスの良さが必要です

プライベートの服装に、無頓着なのは絶対にNG。

雑誌にはイイ男のカジュアルファッションの特集も載っているので、ちょっとでもいいと思ったら、ぜひ挑戦してみてほしいですね。

「普段はジーンズばっかりなのに、スーツを着こなしている姿にグッときた」

これもいい意味でのギャップです。

普段のスタイルがカジュアルな人は、デートの時にスーツを着てみるのもいいでしょう。

彼女の見る目が変わることは、間違いないと思いますよ。

「茶色の力ーゴパンツとかをラフにはける人ってオシャレ。あと、Tシャツじゃなくて襟ぐりがV字のカットソーをさらっと着る人とか」

モノトーンベースのファッションは無難ですが、黒×白の組み合わせばかりだと味気がないです。

色味のあるズボンを穿いたり、明るい色のカットソーを組み合わせるなど、ファッションの幅はいくらでも広がります。

いろいろなタイプの服装を試しながら、自分に似合うカジュアル系のファッションを探して欲しいですね。

女性が好む「ファッション」とは?

自分なりのファッションを楽しむことは、大切です。

しかし、いくら自分が好きだからといってパンク系やビジュアル系など、奇抜なファッションに走るのはいけません。

ある程度は、人の目、特にオタク女性の目を気にすることが必要です。

では、オタク女性はどんなスタイルを、好ましいと思うのでしょうか。

「背伸びをしすぎず、でも落ち着きすぎないファッションがいい」

高級ブランドで全身を固めるなど、背伸びをしすぎるタイプはあまり好まれません。

結婿式やパーティーといった華やかな場所なら、多少の背伸びもカッコがつきますが、普段のデートでは、普通プラスアルファくらいのスタイルがベストでしょう。

「ほどよいトラッド系がいいかな。一緒にいて落ち着くから」

ジャケットにYシャシなど、シンプルなパーツを組み合わせるトラッド系は、見ているほうも安心するファッションです。

また、育ちの良さをイメージさせる効果もあります。

ただし、シンプルな分、いい素材の物を選ばないと、全体的に安っぽく見えてしまいます。

また、トラッド系のルールを守りすぎると、地味な印象になる場合もあります。

トラッドもちょっとカジュアルに着崩してみると決まるようです。

「清潔感があれば、服装はあまり気にしません」

これは意外と多い意見です。

ただし、「洗濯してあるものなら何を着てもいいんだ」と先走ってはいけません。

女性が言う「清潔感」は、キレイに洗ってあればいい、というものではないのです。

いくらシャツをピカピカに洗い上げても、シワシワだったら「清潔感がある」とは言えません。

清潔感とは、キレイに洗った服にアイロンがかかっている、白×ブルーのコーディネートでさわやかなイメージなど、トータル的な雰囲気を指します。

極端に言えば、何ヶ月もクリーニングに出してない高級スーツよりも、サッパリと洗ったTシャツとジーンズの方が、圧倒的に好感度が高いということですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする