ベンゾカイン4.5%配合の早漏防止コンドーム!その装着感は・・・?

ベンゾカイン 4.5%配合の早漏防止コンドーム

ベンゾカイン 4.5%配合の早漏防止コンドームは、オオサカ堂でメガマックススプレーを購入した時に「おまけ」としてついてきた早漏防止コンドームです。

試しに装着感を調べてみました。

よくよく見てみると、この商品名が特徴的ですが、kamasutra『カーマスートラ』と言います。

『カーマスートラ』とは、インドの性愛論書のことです。

そんな早漏防止コンドームですが、オオサカ堂のレビューを見てみると、「使用してみてびっくり」・「さっと手軽に使えて効果あり」・「自然な流れで使用できます」と、そこそこ人気のようです。

実際には、どんなものなのでしょうか。

気になるところです。

おまけは、1箱3個入りでした。

この商品のゴムには、局所麻酔成分(ベンゾカイン 4.5%)が「内側」に塗られているので、装着する事で皮膚へと成分が付着し麻酔作用をもたらすという極めてシンプルな仕組みです。

ここでは、さすがに中身まで掲載しないでおきますが、実際に取り出してみると、ゴムの内側というよりゴム全体にベンゾカインを含んだ液体が「べったり」と塗られています。

よく見るとゴムの、中間部分に小さいイボイボが付いているなど、ちょっとした工夫が施してありました。

このべとべと感は、日本製早漏防止クリームに近いかもしれません。

あれは、スプレーと違って手がベト付くことで人気が無かった気がします。

その塗る液体をゴムに付けたという感じです。

結局、早漏防止効果を決めるのは、ベンゾカインの効き目に依存する形となりますが、レビューでは、それなりに良いという印象だった事、また、リドスプレーと違って準備が楽な点が良いそうです。

効き目は装着から10分後位からだそうなので、それまで、耐えられるかが問題ですが・・・。

実際に装着してみましたが、かなりベトベトします。

手も竿も・・・。

このベトベトには閉口しますね。

これだと女性側にも付きますね。

中身は、一般的なコンドームと同じでクルクルと巻かれて納められています。

そして内側にベンゾカインが塗られているわけですが、巻かれた状態では、裏表の「両面」にベンゾカインを含んだ薬剤が付いた状態になっています。

これでは、そのまま使用してしまうと、女性側にも局所麻酔成分が付いてしまう事になりますね。

女性側の感度は落ちないのか心配です・・・。

ここが少し気になるところです。

その辺は、微々たるものという解釈なのかもしれませんが、使用する場合は、装着後に塗れタオルなどで軽く表面を拭くことが必要かもしれません。

また、ローションなどで成分を薄めるなどした方が良いのかもしれません。

また、ゴム自体の厚みも結構あります。

日本製に比べるとゴワゴワしています。

これはゴムだぞ!ということを強調しているように感じました。

まとめ

このコンドームは、袋から出して持った瞬間からベトベトします。

ちょっと塗りすぎじゃないかな、と思うほどベトベトです。

また、携帯性を比べると、リドスプレーより手軽に持ち歩くことが出来ますが、使い方に注意が必要な気がします。

やはり、トータルバランスではリドスプレーの方が一枚も二枚も上だと感じます。

早漏防止コンドームは、他にも販売されているようですが、使い方の手軽さや携帯も考えるとあまりオススメできませんね。

多分、今後使うことはないと思います。

>>早漏防止スプレー:リドスプレー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする