早漏は、生活習慣によるセロトニン不足が関係しています。

セロトニンが不足すると、神経のバランスが崩れると言われています。

セロトニンとは、血管の緊張を調節する物質のことです。

セロトニンが不足すると、神経のバランスを崩しやすくなり、その結果、キレやすくなったり、うつ病になりやすくなったりすると言われています。

ですから、セロトニンは、幸せホルモン、幸福ホルモンと言われることがあります。

また、セロトニンは、早漏にも影響している可能性があります。

それは、セロトニン不足によって感情のブレーキが効かなくなるからです。

これは、射精しそうになった時に、我慢することができなくなってしまうという事です。

以下の項目に当てはまる方は要注意です。

・日光を浴びる事が少ない。
・運動する事があまり無い。
・人との会話が少ない。

以上のことは、全てセロトニン不足の典型的な生活習慣と言われています。

こられに加えて、寝付きが悪くなってるとすれば、セロトニンが不足している可能性が高いと言えます。

セロトニンは、日中の明るい時間帯に作られるので、その為にも、太陽光を浴びる必要があるのです。

そして、太陽光を浴びることによって増えたセロトニンは、夜になるとメラトニンに変化していくので、寝付きが悪いという事は、セロトニンが不足している可能性が高いのです。

メラトニンは、睡眠に関与するホルモンの一種で、体内時計としての働きを持っています。

運動によるセロトニンの分泌もあります。

運動することもセロトニンの分泌に関係していて、20分以上のリズム性運動を繰り返す事により、分泌が活発になると言われています。

人と会話することやペットと遊ぶ事でも、セロトニンが分泌されるので、こうした生活習慣が蓄積することにより、結果として早漏に繋がっている場合もあるのです。

実際にこれらの習慣により、精神的な興奮よりもリラックスすることが実感できると思います。

その結果、体内に十分なセロトニン量がある事によって感情を抑えることができるようになり、興奮をコントロールする事でペニスに些細な刺激が加わっても興奮状態を抑えられことができるようになります。

この結果、早漏が改善できるようになるのです。

もちろん、全ての早漏改善に関与するとは言えませんが、多少なりとも改善できる可能性があると考えられます。

早漏は、トレーニングによっても改善できる可能性があるのも、もしかすると、いろいろなリズム運動によってセロトニンの分泌が行われている事が関係しているのかも知れません。

中でも、ウォーキングやジョキングは、筋肉量が多い脚を使うという事もありますが、全身の運動にも繋がるので、その結果、セロトニンの分泌を全身に対する刺激で増やす事が出来ます。

セロトニンが不足しているとペニスが「たたない」ということもあり得ます。

セロトニンは、神経のバランスを取るホルモンですから、興奮状態になった時に、ちゃんとペニスをたたせる役割もあります。

これが、セロトニンが不足していると、ペニスが「たたない」ということにもなりかねません。

大事な時に「たたない」という状態が起きないよう、日頃からの生活習慣は大切だということですね。

自力で早漏を改善したいと望むなら、リドスプレーを併用しながらセロトニンの分泌を意識して、生活習慣の改善を目指すのも必要かもしれません。

>>リドスプレーの効果と使用感を確認しました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする