リドスプレーは、飛行機に持ち込みはできるのでしょうか?

リドスプレーは、機内に持ち込みはできるのでしょうか?

飛行機にガスタイプのスプレーを持ち込むときには、注意が必要です。

では、リドスプレーはどうなのでしょうか?

結論から言いますと、日本国内ではOKです。

管理人も実証済みです。

しかし、すべて100%OKなのかというと、航空会社、外国の税関によっては、ダメということ、もありえると思います。

ここでは、リドスプレーを機内に持ち込むときの注意事項をまとめてみました。

国際線の場合について

国際線は、入れ物の容器がスプレー缶かどうかに限らず、100ml(g)を超える容器に入った液体などは、手荷物として持ち込むことはできません。

ただし、スーツケースなどにに格納して貨物として預けるのはOKです。

手荷物として持つ場合は、100ml以下の容器でも、さらにプラスチック製の透明な袋、例えばジップロックなどに入れる必要があります。

袋は自分で用意しなくてはいけません。

内容品が化粧品、衣料品など、肌につけるものは、プラスチック製の袋に入れられていればスプレー缶かどうかに関係なく持ち込みOKです。

ですから、リドスプレーは、15mlで重量はクリア、そしてジップロックに入れてあれば、OKということになります。

しかし、塗料、スポーツ用品のメンテナンス用スプレー(引火性があるもの)は、持込も機内預けも両方ともNGです。

国内線の場合について

化粧水、制汗剤、シェービングクリームなどの、スプレーの容器に入ったものは持ち込みOKです。

特に重量や数量に制限はありませんが、本数や量が多すぎると不審に思われて、調べられることがあるかもしれませんね。

「火気と高温に注意」のマークがついているものの持込みは機内預けともNGです。

さらに細かく調べると、スプレーにも色々種類がありますが。

スプレーにも色々な種類がありますが、スプレーの内容物の種類によって、持込OKなものとNGなものが区別されています。

スプレー「容器」による持ち込みの制限の差はありません。

ガスボンベ式のスプレー(圧縮した高圧の気体を鉄製の容器に入れ、噴霧するスプレー)でも、霧吹き式(ポンプ式)スプレーでも、中身が持ち込みOKかどうかが、判断基準となります。

持込みOKのスプレーの中身

直接肌に付けるものがスプレーの中身として入っている場合は、基本的に大丈夫です。

「内容物が肌に付けるもの」かどうかで判断することができます。

具体例な例は以下のものです。

・制汗スプレー
・ヘアスプレー
・虫除けスプレー(肌につけるタイプ)
・美容スプレー
・化粧水スプレー
・除菌スプレー
・香水スプレー
・シェービングフォーム(クリーム)

持ち込みできる種類に、「リドスプレー」も含まれますね。

持込みNGのスプレーの中身

中身に引火性のガスを使用している日用品・スポーツ用品のスプレーは、NGとなります。

スプレーの缶に「火気と高温に注意」のマークがついているかどうかで判断できます。

具体的なスプレーは、以下のとおりです。

・潤滑油
・防塵用スプレー類
・塗料スプレー
・ニス
・スポーツ道具のメンテナンス剤
・スキー、スノボ用WAXなどのスプレー類

手荷物検査などで、没収されないための安全な対策は?

まず、スプレーについて、一つの容器につき0.5L(500ml)/0.5㎏(500g)以下である必要があります。

そうすれば、没収されずに機内に持ち込み、預け入れが可能です。

また、一人当たりの持ち込みが可能な容量は、合計2L/2㎏までとなっています。

持ち込みは、最低限の量に留めておくのがいいでしょうね。

管理人の場合は、スプレーの中身が少なくなったら、旅行先で全て使い切るようにしています。そうすれば、手荷物検査でのリスクが減りますからね。

荷物も減りますし!

また、すぐに使わないものは、預けるカバンの中に入れておきましょう。

手荷物検査のチェックで止められることが無くなります。

まとめです。

スプレーは、その内容物によっては、手荷物として持ち込み、機内預け入れともに可能です。

・国際線、国内線共に、肌につけるもの(引火性の無いもの)は、持ち込みOKです。
引火性あるものはNG。ただし、国際線では持っていける量が限られています。
・化粧品系、医療品系はOK、塗料系やスポーツ用品系はNG。
・スプレー缶のラベルに「火気と高温に注意」のマークがついているものはNG。
・小さいタイプのスプレーなど、最小限の量を持っていくのが良いでしょう。

管理人は、これまで、日頃から使っているヘアスプレーや旅行用制汗スプレーを持っていても、手荷物検査を通れなかったということはありません。

もちろん、リドスプレーを持っていて止められたことはありません

どのようなスプレーが持ち込みできるのか、あらかじめ知っておくと没収されることは無いので安心ですね。

>>リドスプレーの使用感はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする