リドスプレーを使って、射精の感覚を自分でコントロールする方法とは!

スプレー量をどれぐらいにするかが肝です。

リドスプレーをスプレーすると、リドカインの麻酔効果によって、つねっても引っ張ても痛みを感じ無くなり、感覚が無い状態になります。

口コミの評価などを見ると、一部の方は、感覚が無くなった結果、気持ちよさが無くなったり、うまく射精(イク)ことが出来なかった、という内容もあるようです。

これには、まったく同感です。

リドスプレーを使用していると、この「感じない」ことを克服する手段が必要になってきます。

気持ちよくイクためには、気持ちいい状態が、無感覚状態を上回って始めて達成できます。

この辺の感覚は、本編に書きましたが、ある程度の「経験」と「慣れ」が必要かもしれません。

そのためには、スプレー量をどのぐらいにすれば快感をキープしながら、射精のタイミングをコントロールできるか、自分に合った使用方法を見つけることが重要になってくると思います。

スプレーする時間をコントロールする。

自分に合ったスプレー量を見つけてスプレーして、行為におよぶという方法をマスターすると同時に、スプレーする時間をコントロールすれば、快感を残しつつイクタイミングを計ることもできるようになります。

一度スプレーすると、麻酔効果が効いていて感覚が無くなりますが、時間が経てば感覚は元に戻ってきます。

どれぐらいの時間が効果があるのかという経験を通してわかっていれば、「そろそろ感覚が戻ってくる時間だな、次の行動に移ろう」と心の準備ができます。

自分の陰茎の状態がどれぐらいの感覚を持っているかがわかれば、時間配分など、ひじように余裕を持った行動ができるようになります。

スプレーするタイミングを考える。

管理人は、このスプレーするタイミングが一番重要だと思っています。

リドスプレーは、通常であれば、行為の15分~30分前に使用することになっています。

管理人の場合、10数分で効果が現れるのが分かっているので、スプレー後、少なくとも30分前後には射精ができるような行動をとるようにしています。

この辺の駆け引きも重要ですし、楽しみでもあります。

行為の前に食事や話で盛り上がり、スプレーするタイミングを逃しそうな場合は、「ちょっと失礼」と言って、トイレでスプレーするなど、細かな動作を入れてタイミングを計っています。

スプレーするタイミングがなかなか見つからず、「これはやぱいな、スプレーする時間がないぞ」と思っても、焦ってはいけません。

タイミングは、必ず見つけることができます。

>>リドスプレーの効果と使用感のレポート

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする